新品種のご案内
2016年6月22日
プライム・アーク フリーダム(Prime-Ark®Freedom)

プライム・アーク フリーダム(Prime-Ark®Freedom)

アメリカパテント(米国特許)申請中
アーカンソー大学の育成。

プライム・アーク フリーダムは、世界で初めて営利栽培用に開発された、プリモケーンタイプ
(二季成り)で、トゲなしのブラックベリーです。
トゲなしで直立性、大~極大粒で甘く、風味が優れている。極早生という長所はホームガーデンにも最適です。コンテナ栽培も出来ます。
プライム・アーク フリーダムは、食味がたいへん良く、私達が今まで求めていた本格的な「ブラックベリーのおいしさ」を実感できる魅力的な品種です。平均糖度10.4% 果実はいくぶん柔らかめですが
地元の直売所等での販売は可。

dc061307

dc061316

dc061305

 

ナンタヘーラ(Nantahala)

ナンタヘーラ(Nantahala)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP20689
ノースカロライナ州立大学の育成。2007年発表。

ナンタヘーラの甘さは格別です。まるでハチミツに付けたようなはっきりした甘さがあります。
また、他のラズベリーよりベリーの中の種子が少ないのも大きな特長です。
そして秋成りは、暑い気温が過ぎた秋に熟し始めます。最も遅く熟し始める品種です。
2012年、ミシガン州立大学でラズベリー13種(Jaclyn、Caroline、Polka、Joan J、Josephine、Himbo Top、Autumn Britten、Anne、Nantahala、Joan lrene、Nova、Erika、Chimson Giant)において味覚テストが行われました。なんと! ナンタヘーラが最高の美味しさと評価されました。待望の新品種!!

dc030905

dc031105

dc051815

dc051704

フリッカー(Flicker)

フリッカー(Flicker)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP21554
フロリダ大学の育成。2010年発表。
「FL93-51」と「FL93-46」との交配。

フリッカーは低温要求量が少なく、樹勢が良い。果実は大粒で硬く、甘さと程よい酸味があり、生果用、加工用どちらにも適する。
フロリダ北部では、4月中旬~5月上旬に果実を付ける。「Star」よりも樹勢が良く、収量も高くなる可能性を持つこの新品種は重要です。

dc052705

dc061315

dc051204

ケストラル(Kestrel)

ケストラル(Kestrel)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP21719
フロリダ大学の育成。2011年発表。
「FL95-54」と「FL97-125」との交配。

ケストラルは低温要求量が少なく、葉が豊富に出る。果実は大粒で硬く甘いアロマの香りがある。
フロリダ北部では4月に熟す。「Star」より熟期が早く、たいへん硬いので、輸送性に優れている
この品種は重要です。
クレイワー博士(元ジョージ大学教授)のコメント
フロリダ州の栽培者の間では、常緑性の強いケストラルにたいへん人気が集まっているとのことです。

dc0512430

dc0916281

dc0512364

メドーラーク(Meadowlark)

メドーラーク(Meadowlark)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP21553
フロリダ大学の育成。2010年発表。
「FL84-33」と「FL98-183」との交配。

メドーラークは、低温要求性が低く、樹姿はきれいな直立性で早期に熟す。(フロリダ北部では4月24日に50%が成熟)果実は大粒で硬い。風味、食感、日持ち性が良いです。
果柄痕は小さく果房が開いているので機械収穫にも適する。
クレイワー博士(元ジョージア大学教授)のコメント
全米ブルーベリー生産高2位のジョージア州では、近年ほとんどの栽培者がメドーラーク、ファーシングを主に、そしてほんの少し「Star」の苗木を植え付けたそうです。

dc0512298

dc0512301

dc0512359

センティーラ(Scintilla)

センティーラ(Scintilla)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP19233
フロリダ大学の育成。2008年発表。
「FL96-43」と「FL96-26」の交配。

センティーラは、早生で生果市場向けに開発された、新しいタイプのサザンハイブッシュ品種です。
低温要求性が低く樹勢は強い。フロリダ北部では4月中旬~5月中旬まで収穫できる。
大粒の甘く硬いベリーが特長です。
風味が良く果房がゆるいので収穫しやすい。生果市場、加工市場どちらにも適します。

dc061319

dc061322

dc061449

スイートクリスプ(Sweetcrisp)

スイートクリスプ(Sweetcrisp)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP20027
フロリダ大学の育成。2009年発表。
「Southern Bell」と「FL95-3」の交配。

スイートクリスプは低温要求性が極めて低い。樹勢が強く展葉が早い。
フロリダ北部では4月下旬~5月中旬に熟す。「Star」よりも格別に硬く甘いベリー。
この新品種は、生果市場、加工市場どちらにも適します。

dc061308

dc061341

dc061349

 

2015年11月4日
スノーチェイサー(Snowchaser)

スノーチェイサー(Snowchaser)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP19503
フロリダ大学の育成 2005年発表
「FL95-57」と「FL89-119」との交配

“開発地のアメリカ、フロリダ北部では、サザンハイブッシュブルーベリー早生の代表種「スター」より18日~20日
早く熟すので早生の出荷販売には最重要品種です”

果実の大きさは中~大粒、明青色、大変硬くて甘い。果柄痕も良く樹勢も非常に良い。
樹姿はやや開帳性。低温要求時間は100~200時間。
花と果実は-3℃まで、休眠中の樹は-15℃まで耐えます。

IMG_2690

IMG_0273

IMG_0250

2015年11月2日
プリマドンナ(Primadonna)

プリマドンナ(Primadonna)

アメリカパテント(米国特許)品種   PP20181
フロリダ大学の育成   2005年発表
「オニール」と「FL87-286」

"開発地のアメリカ、フロリダ北部ではサザンハイブッシュブルーベリーの早生の代表種「スター」より9日~14日早く熟す。有望品種”

果実の大きさ大粒で、j甘い。果柄痕、硬さとも大変優れている。果房が緩いので収穫がし易い。
樹姿は中性。低温要求時間は300時間。花と果実は-3℃まで、休眠中の樹は-15°Cまで耐えます。

4

5

6

2015年4月17日
MBOシリーズ(オーストラリア)の誕生

【2015年カタログ販売用新品種について】

ブルーベリーの品種名「OPI」、「ユーリカ」、「トワイライト」。
これらはオーストラリアMBO社のパテント品種です。
社長のベル氏は、世界的に有名なブルーベリーの育種者です。
今までにブリジッタ、カロラインブルー、デニーズブルーなど多くの品種を開発しました。
幸いにも、私は2007年にMBO社を訪問する機会を得ました。大きな農場で、ベル氏の開発中の多くの品種を試食させていただきました。その時、私は「今まで私達がブルーベリーに求めていたことは、上品な甘さ、パリッとした爽やかな食感、そしてやさしくフルーティーな香りではないかと、そしてそれらを併せ持っているブルーベリーに出会えた」と実感しました。

栽培者の皆様に、MBO社のたいへん有望なブルーベリーを、是非お勧めしたいと思っております。
お試しいただければ幸いです。

※こちらはカタログ販売用新品種となります。オンラインショップでの注文は出来ませんので予めご了承ください。

dc040804

プライム・アーク フリーダム(Prime-Ark®Freedom)
ナンタヘーラ(Nantahala)
フリッカー(Flicker)
ケストラル(Kestrel)
メドーラーク(Meadowlark)
センティーラ(Scintilla)
スイートクリスプ(Sweetcrisp)
スノーチェイサー(Snowchaser)
プリマドンナ(Primadonna)
MBOシリーズ(オーストラリア)の誕生
カタログ販売用新品種の紹介
ブラックベリー苗
ブルーベリー苗/サザンハイブッシュ
ブルーベリー苗/ノーザンハイブッシュ
ブルーベリー苗/ハイブリッド
ブルーベリー苗/ラビットアイ
ラズベリー苗
全新品種
2016年6月
2015年11月
2015年4月
2014年3月
2013年1月
ホーム | 大関国際セミナー | 海外研修 | よくあるご質問 | 新着情報 | 会社概要 | お問い合わせ・資料請求
サイトマップ | サイトポリシー | プライバシーポリシー
Copyright 2012 Ozeki BlueBerry Nursery Co., Ltd. All Rights Reserved.