新品種のご案内
2014年3月3日
オーゼキブルー®(Ozeki Blue)

アーカンソー大学の育成。
「US73」と「G-526」との交配。(PDFにて系統図を見る)
ハイブッシュ・サザンハイブッシュ・ラビットアイ・ローブッシュ・ダロウアイなど混成種から成るハイブリッド種

アーカンソー大学は“たいへん風味の強いブルーベリー”を開発しました。
このブルーベリーは、アメリカと日本国内だけの限定販売です。

アメリカでは、すでに販売され、多くの消費者の方から「これを食べたら、もう他のブルーベリーは食べられません」とまで称賛されています。

弊社では、アーカンソー大学より「オーゼキブルー」と命名していただき、今年度から販売を始めます。「オーゼキブルー」は、とてもユニークなブルーベリーで、他のブルーベリーとは異なります。
これ以上の、風味、食感をもったブルーベリーはないと言っても過言ではありません。きわだって風味が強く、はじけるようなパリパリ感、生食向きで、甘みが強く、桃、イチゴ、ラズベリーが少し加わったような風味がします。多くの人が出合ったことのない味わいです。

また、「オーゼキブルー」は、成長が良く、多少pHが高くても育ちます。自家受粉も可能です。
新しいブルーベリーをお探しの方は、ブルーベリー界の珍品種「オーゼキブルー」を是非お試しください。

オーゼキブルー

オーゼキブルー2

オーゼキブルー3

(育種者:アーカンソー大学 クラーク博士)

サウザンスプレンダー(Southern Splendour)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP22692
ジョージア大学の育成。2010年発表。
「Reveille」と「Palmetto」との交配。

健康のために、ブルーベリーを購入するお客様はたくさんいますが、ジョージア大学は「〝おいしさ”を求めて購入してくれるような品種を作ること」を目標としてきました。
1990年、ノースカロライナ州立大学から発表になった「リベール」は風味がたいへん良いので、多くのお客様から好まれました。
しかし、果実のサイズが思ったより小さいので、多くのブルーベリーファンは、「リベール」のような風味で、硬く、果実の大きいブルーベリーを求めていました。
このような期待をうけて「サウザンスプレンダー」は開発されました。
「サウザンスプレンダー」は早生のサザンハイブッシュブルーベリーで、果実の大きさも良く、風味が高く、硬さも非常に良い。”おいしさ”を最優先して開発された、新品種です。

サウザンスプレンダー2

サウザンスプレンダー3

サウザンスプレンダー

(育種者:ジョージア大学 ネスミス博士)

ドレイパー(Draper)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP15103
「Duke」と「G751」との交配。

今までブルーベリーの中生種といえば「ブルークロップ」が多く栽培されていましたが、果実が酸っぱいことが多く、収穫後の日持ちも良くないことがわかりました。
それに比べ、「ドレイパー」は果実が大きく、甘く、パリパリした食感があり、粒もそろっています。果房も緩く、摘み取りが簡単です。
硬さはきわだって良く、しっかりした果実なので、収穫後の日持ちがたいへん良いことが大きな特長です。

ドレイパー - コピー

ノーザンハイブッシュ

〝ミシガン州立大学は、高品質のノーザンハイブッシュブルーベリーの3品種「ドレイパー」「リバティ」「オーロラ」の開発に成功しました"

これら新品種の大きな特長は、果実が大きく、すばらしく風味が良く、収穫後の日持ちがたいへん良いことです。今、世界中で最も多く栽培されている品種です。
また、比較的暖かい地域にも適するブルーベリーです。
ホームガーデンでの栽培や、直売所販売、観光摘み取り園での栽培に最適です。

リバティ(Liberty)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP15146
「Brigitta」と「Elliott」との交配。

「リバティ」は大粒でそろった果実がたわわに実ります。芳醇でジューシーな風味で甘くおいしいです。
収穫後の日持ちもきわめて良く、他のブルーベリーが終わってからも、高品質の果実を付ける人気品種です。(2005年、オレゴン州立大学の調査では、「リバティ」は糖度が高く、19.7%を記録した)

リバティー - コピー

ノーザンハイブッシュ

〝ミシガン州立大学は、高品質のノーザンハイブッシュブルーベリーの3品種「ドレイパー」「リバティ」「オーロラ」の開発に成功しました"

これら新品種の大きな特長は、果実が大きく、すばらしく風味が良く、収穫後の日持ちがたいへん良いことです。今、世界中で最も多く栽培されている品種です。
また、比較的暖かい地域にも適するブルーベリーです。
ホームガーデンでの栽培や、直売所販売、観光摘み取り園での栽培に最適です。

オーロラ(Aurora)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP15185
「Brigitta」と「Elliott」との交配。

「オーロラ」の大きな特徴は、高品質な果実をシーズン遅くまで、収穫できることです。
果実は大粒で、風味が良く、硬くしまった果実を収穫することができます。
「オーロラ」は全てのハイブッシュブルーベリーの中で、熟期が最も遅く、果実の収穫後の日持ちがたいへん良いです。

オーロラ

ノーザンハイブッシュ

〝ミシガン州立大学は、高品質のノーザンハイブッシュブルーベリーの3品種「ドレイパー」「リバティ」「オーロラ」の開発に成功しました"

これら新品種の大きな特長は、果実が大きく、すばらしく風味が良く、収穫後の日持ちがたいへん良いことです。今、世界中で最も多く栽培されている品種です。
また、比較的暖かい地域にも適するブルーベリーです。
ホームガーデンでの栽培や、直売所販売、観光摘み取り園での栽培に最適です。

オセージ(Osage) 

アメリカパテント(米国特許)申請中
アーカンソー大学の育成。2012年発表。

「オセージ」の特長は、風味の高さです。酸味が少なく、甘みが強いです。
収穫後の日持ちもたいへん良いです。
この品種は、ブラックベリー栽培の中心となる有望品種です。
また、直売所販売、観光摘み取り園、ホームガーデンに向きます。

オセージ

オセージ2

オセージ3

 

ブラックベリー

近年、ブラックベリーの消費は世界的に伸びております。
日本でも、輸入量が増えています。それには高品質の新しいタイプのブラックベリーの開発による
ところが大きいと考えられます。
アーカンソー大学・ブラックベリー育種プログラムは、世界をリードしております。
その中で、最も注目されている品種が「オセージ」です。
これらは今までの果実より、たいへん甘く、収穫後の日持ちもたいへん良いです。
また、ブラックベリーでよく現れる、日焼けによる白抜け(白い小石果)症状がほとんどありません。

〈一季成りタイプの熟期〉
ナッチェス  6月上・中旬~7月中旬
オセージ   6月中旬 ~ 7月中旬
ウォシュタ  6月下旬 ~ 7月下旬
ナバホ    7月上旬 ~ 7月下旬
アパッチ   7月中旬 ~ 8月上旬

 

ナッチェス(Natchez)

アメリカパテント(米国特許)品種 PP20891
アーカンソー大学育成。2007年発表。
「Ark2005」と「Ark1857」との交配。

「ナッチェス」は大粒で、細長い形が魅力的な果実です。果実はたいへん良く締っている。収穫後の日持ちも良く、日焼けによる白抜け(白い小石果)症状がほとんどありません。

ナチェス

ナチェス2

ナチェス3

 

ブラックベリー

近年、ブラックベリーの消費は世界的に伸びております。
日本でも、輸入量が増えています。それには高品質の新しいタイプのブラックベリーの開発による
ところが大きいと考えられます。
アーカンソー大学・ブラックベリー育種プログラムは、世界をリードしております。
その中で、最も注目されている品種が「オセージ」です。
これらは今までの果実より、たいへん甘く、収穫後の日持ちもたいへん良いです。
また、ブラックベリーでよく現れる、日焼けによる白抜け(白い小石果)症状がほとんどありません。

〈一季成りタイプの熟期〉
ナッチェス  6月上・中旬~7月中旬
オセージ   6月中旬 ~ 7月中旬
ウォシュタ  6月下旬 ~ 7月下旬
ナバホ    7月上旬 ~ 7月下旬
アパッチ   7月中旬 ~ 8月上旬

 

2013年1月14日
ピンクレモネード

USDA農業部農業研究センター(ニュージャージー州)による育成。2005年に発表。
系統番号「NI89-158-1」と「Delite」と交雑。
成熟期は中晩生(6月下~7月上旬)。
果実は中粒で、光沢のあるピンク色の果実。甘く、おいしい。果実のしまりも良い。
樹勢は良く、直立性。樹の大きさは、成木になると樹高1.5m×樹幅1.6m程度。
葉は光沢のある緑色で、槍形。葉縁はギザギザしている。
葉の表面はなめらかで、ラビットアイによく似ている。
果実はハイブッシュ、樹はラビットアイの形質を受け継いでいるようです。
ラビットアイと同じように他家受粉なので、他のラビットアイと混植することが薦められている。
この魅力ある果実は、市場、農産物直売所向けに大きな可能性を秘めています。
また、ガーデニングにも最適です。

ピンクレモネード1

ピンクレモネード

エレンファルト博士(2012年、アメリカ農務省農学研究所訪問)

スージーブルー

ジョージア大学の育成。2009年に発表。
「スター」と「TH-474」との交雑。
成熟期は早生(6月上~中旬)
スージーブルーは、サザンハイブッシュの標準品種フロリダスターと同時期に開花、成熟します。
特性も多くの類似点があります。しかし、果実の大きさ、硬さはフロリダスターより優っています。
また、収穫量も多いです。特にスージーブルーの風味は際立って甘いのが大きな特長です。
果実も大きいので、早生の有望品種です。

スージーブルー

スージーブルー1

プライム・アーク45

「APF-1」と「Prime-JimR」との交雑。2009年発表。
果実の大きさは中~大粒。果実のしまりがよく、たいへん甘い。ブラックベリー本来の風味が際立っている。
収穫後の日持ちもたいへん良く、秋遅くまで熟しているのが大きな特長です。
これぞブラックベリー!!有望品種です。

プライムアーク45-

プライムアーク45

クラーク博士(2012年、アーカンソー大学圃場訪問)

新品種のご紹介「クレイワー」(米国パテント申請中)ジョージア大学 ラビットアイブルーベリー
プライム・アーク フリーダム(Prime-Ark®Freedom)
ナンタヘーラ(Nantahala)
フリッカー(Flicker)
ケストラル(Kestrel)
メドーラーク(Meadowlark)
センティーラ(Scintilla)
スイートクリスプ(Sweetcrisp)
スノーチェイサー(Snowchaser)
プリマドンナ(Primadonna)
カタログ販売用新品種の紹介
ブラックベリー苗
ブルーベリー苗/サザンハイブッシュ
ブルーベリー苗/ノーザンハイブッシュ
ブルーベリー苗/ハイブリッド
ブルーベリー苗/ラビットアイ
ラズベリー苗
全新品種
2017年8月
2016年6月
2015年11月
2015年4月
2014年3月
2013年1月
ホーム | 大関国際セミナー | 海外研修 | よくあるご質問 | 新着情報 | 会社概要 | お問い合わせ・資料請求
サイトマップ | サイトポリシー | プライバシーポリシー
Copyright 2012 Ozeki BlueBerry Nursery Co., Ltd. All Rights Reserved.