2019年度海外研修・交流【6月】
2018年度海外研修・交流【6月】
2018年度海外研修・交流【4月】
2018年度海外研修・交流【2月】
2017年度海外研修・交流【10月】
2017年度海外研修・交流【2月】
2016年度海外研修・交流【4月】
2015年度海外研修・交流【10月】
2015年度海外研修・交流【6月】
2015年度海外研修・交流
2014年度海外研修・交流
2013年度海外研修・交流
2012年度海外研修・交流
2011年度海外研修・交流
2010年度海外研修・交流
2009年度海外研修・交流
2008年度海外研修・交流
2007年度海外研修・交流
2016年4月26日
2016年度海外研修・交流【4月】

4/10 4/17,XI International Vaccinium Symposiumに出席。
アメリカ、フロリダ州、オーランド市で開催の国際バクシニュームに参加して、情報収集に努めてまいりました。
オーランドの気候は朝晩は12度といくぶん涼しいが、日中は28度とかなり暑い。ツアーで訪問したブルーベリー園では露地栽培のブルーベリーの収穫が始まっていた。栽培用土はパインバークと砂を50:50で混ぜた用土で栽培、元の畑土あまり問題にしていない。次の園ではコンクリートの上にこのこの栽培用土で栽培していた(注意:この栽培用土は日本にあるバーク、チップではありません。松の皮バークです。ちなみに、木材チップだと失敗するそうです。)、栽培品種は、ジュエル、エメラルド、メドーラーク、ケストラル、ファーシング。フロリダの多くのブルーベリー園では手摘収穫です。
また、選果場も、ブルーベリーだけでは、経営的になりたたないので、オレンジなどの柑橘類、桃、などを扱うところでパッキングをするそうです。
又、シンポジューム終了後、Dr.krewer. (元、ジョージア大学教授)、Dr.Takeda(USDA-ARS)にフロリダ北部のブルーベリー園を案内していただきました。そこでは、ブルーベリーのハイトンネル栽培とDr.Takeda開発、50万円で買える簡易機械収穫機をを見せて頂きました。

ブルーベリーについて
ブルーベリーの育て方
ブルーベリーの植え付け
ブルーベリーに使用できる農薬
ブルーベリーの開花時期・果実成熟期
ブルーベリーの品種確認
ブルーベリー栽培に関するQ&A
オーナメンタルベリーの育て方
ブラックベリーについて
ブラックベリーの育て方
ブラックベリーの楽しみ方
ブラックベリーに使用できる農薬
ブラックベリーの成分と健康機能性
ブラックベリーに関するQ&A
ブラックベリーの植え付け
ラズベリーの育て方
ラズベリーに使用できる農薬
ラズベリーに関するQ&A
ラズベリーの植え付け
クランベリーの育て方
新品種のご案内
オンラインショップ
おすすめ品種
ご利用方法について
お支払い方法について
送料について
配送方法について
返品について
購入方法よくあるご質問
特定商取引法に関する表記
ログイン
新規会員登録
パスワード再発行
お知らせ
大関国際セミナー
海外研修
大関ナーセリーブログ
カタログ
会社概要
お問い合わせ
カタログ請求
サイトマップ
サイトポリシー
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2020 OZEIKI NURSERY Co., Ltd. All Rights Reserved.